2018東京ウェルディングフェスタ 【職人目線】

 239 total views,  2 views today

もっと一般公開すればいいのに

溶接関係の人や業者の人やその関係者しか入れないのはすごくもったいないと思う。

溶接の機材しかないっていうから個人が行く意味がないっていわれてきてみたけど、いざ会社に言って中に入ってみたら

  • やっぱり個人向きじゃない価格設定
  • 見ていると話しかけてきて機材、工具の営業・カタログ渡し
  • 職人でも本当に精通してないとよくわからない機材

な感じがしたけど、それと一緒に

  • 溶接の機材・溶接機だけでなくコンプレッサーや発電機の展示
  • いろんな所から出てる電動工具・充電工具の集結
  • 同じくエアー工具も
  • 電動工具ではなく手工具の展示もあって
  • ボックスレンチやチェーンブロックやらガス切断機の展示もあり
  • 作業服や溶接帽子や皮手袋、空調服の作業用品
  • ヘルメットや安全靴、保護メガネ、溶接面
  • 頑固な油汚れも落とせる洗剤

の展示もあった。

これらの展示は一般の方でも工具な好きな人は絶対いるだけで楽しいと思う
なぜ一般公開しないで招待制でその道の人の関係者しか入れないのだろうか

フェスタの主役は多分溶接ロボット

機械が大きくて
全自動でせかせか動き
つい足を止めてしまうような動きを見せる全自動溶接ロボット

会場内にはそれなりにスペースを確保してロボットを置いている業者もいればトラックにのっけて展示している所もあり、仕事はやり方次第ってのが感じられた

板金機械の展示場所では中の機械がせわしく動き回り加工されていく様子がわかる展示がされていた。周りにはスーツを着た人が結構いたのでえらい人には受けがいいんだろうと内心思った。それよりアナウンスの人がバリを簡単に処理してくれるってアナウンスが妙に頭に残っててああ、あの機械はバリ取り性能がいい凄い機械なんだなって印象がついた。素人の考えなんてそんなもん

話を聞いたのは

油圧でさがって切っていくバンドソー。ずれたり曲がったりしづらいらしい。

いつも使ってた小さい圧着ペンチ。使いやすいっていったらありがとうございます。ってかえってきた。

現在レギュラーのシノ。やっぱり便利っていったらやってる工具のカタログ貰った。

洗浄剤。ものすごい店頭販売感があった。押しに負けて買ってる人が隣にいた。

曇らない保護メガネ。使ってるメガネのメーカー言ったらなんとも微妙な顔をしていたけど展示してあった蒸気をあてても曇らない保護メガネはすごいって思った。でも2000円はちょっと値が張るかも。

溶接面。保護メガネといっしょのブースにあったので話を聞いた。明るい遮光グラスってあるんだね…

まとめはしない

一般公開じゃないのが惜しい。これに尽きる




(Visited 24 times, 1 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする