思ったよりひどいバグはなし?トラウマ要素に偏るゲームバグその2

 90,869 total views,  5 views today

前回に引き続きだいぶ偏ってるから気をつけて
動物番長

たくさんヘンタイしてコウビして百獣の王(百種類のドーブツになる)を目指すゲーム

残酷な弱肉強食の世界をすべて四角で表現されている。

取説とチュートリアルがぶっ飛んでる(下ネタ多し)

  • ブタラップでスロット玉を使い、無理矢理濃色ドーブツになる
  • (説明書みないと発動条件がわからない)バラバラタックル
  • パラミターのすべて
  • 敵のゼネコン
  • 専用の攻撃効果音をもってるガニマタ(パコーン)

見た目によらず良ゲーなのでぜひプレイしてみては?
動物番長 発売からもう15年たつ



ピクミン

ゲームよりCDの方が売れた主人公が妻子持ちで40歳位(2でのドルフィン初号機の発言を参考「四十肩のオリマーさんはロケット噴射なしで使っています。」)の社会人なゲーム

明確な社会人設定があるのはオリマーさんくらいしかいないんじゃないか。

30日の日数制限に当時の子供がどれくらいクリア出来たのか。

記録更新やRTAも盛んに行われている。

  • BADENDを筆頭に
  • 15日未満に出てくるとなりのドドロ
  • 文句なしの最強、ダイオウデメマダラ
  • キェェェェェ!アッ-!アッ-!アッ-!
  • 実質専用BGM付きのダマグモ
  • 食用、美味。
  • 間欠炎にはめられて死ぬ等

子供たちに大きなトラウマを残すような要素がたっぷりある

ひどいバグはないが

  • 橋にピクミンが引っかかっていなくなる
  • 当たり判定が強いイモガエル

がRTA勢を苦しめる。

ピクミン2

自家用ロケットを借金のカタに差し押さえされて愛する家族の元に帰れないオリマーさんは泣いていい…

黒い任天堂全開な作品である。

  • やっぱり帰れないオリマー
  • ルーイの後半の行動
  • 生首ヘビガラス
  • 設定だけよく出るヘビガモメ
  • ダマグモキャノン
  • サクレショイグモ
  • みんなのトラウマアメボウズとBGMが怖い水中の城
  • 超強化クマチャッピー

トラウマもパワーアップしている。

  • バグはサクレショイグモのゲキニガフリーズが有名。
  • 食神の台所最下層のパンモドキが原因で起こる空飛ぶ目玉焼きも時々なるらしい
  • 進行に関する不具合等はないが、RTA勢から見た目がひどい絵面になる速い方法が発見された
  • 詳しくは 初日全滅バグ で調べると腹筋が鍛えられるかも。
スーパーマリオサンシャイン

まさかインクで汚すゲームが出てくるとはマリオさんも予想できなかったと思う。作った人は指摘されて思い出したとか。

ボスパックンとニセマリオがデビューした作品でもある。(しかし、ニセマリオの次のオファーはマリオゴルフ。スマブラforの切り札出演するまで10年待つことに)

ゲームとして傑作なのは違いないが

  • 毒水アスレチックやパチンコアスレチック
  • ていうかアスレチック全般
  • 赤コイン回収失敗で即死
  • 鬼畜マンタ
  • 鬼畜砂鳥
  • 外道青コイン
  • マグマ泥船等

トラウマに残るような事案が多い。すいじょうのあかコインやほのおのなかのそんちょう、たんじょう!おおすなどりで心が折れた人も多いではないだろうか。

バグとしては

  • リコハーバーの水中判定
  • ポリゴンの隙間に落ちやすい(それが原因で謎死する)
  • 割と簡単に行ける裏世界(たぬきの家とヨッシー使用)

等が有名どころである。

大乱闘スマッシュブラザーズDX

前作から大幅にキャラを増やしたスマブラ。

隠しキャラにレトロゲーム枠でMr.ゲーム&ウォッチというマリオ以上の先輩が出た。当時の今の子供はおろか僕ぐらいの年齢の子が知ってるわけがない(この後パルテナ様ファミコンロボットダックハントが出ると誰が予想できただろうが)。

ミュウツーでキャラ固定

  1. あかこうらを出して5回横Bで跳ね返す
  2. 6回目の跳ね返しを他のキャラと重なるように出す
  3. ミュウツーと他のキャラがくっついたら成功
  4. もう一人だして下投げをするとキャラがその場で固定される。
  5. 効果は特にありません

マスターハンドを使う

  1. マスターハンドは3Pで行うこと
  2. キャラ選択画面でB長押しで前の画面に戻ることができるが、ネームエントリーとB長押しを同時に押すようにすると戻るはずがステージ選択に進めてマスターハンドが使用できる。
  3. 十字キーを使った操作で技が出せる
  4. ただし、マスターハンドは吹っ飛ばないしリザルト画面に入ろうとするとフリーズする。よってスペシャル乱闘の体力戦じゃないと勝負がつかない

他には

  • スーパースコープリフレクターブラックホール
  • プリンをつかって潰れるカービィ
  • Lの無限上昇
  • スマッシュアピール等小ネタが多い
カービィのエアライド

シティトライアルの中毒性が異常なことで有名な神ゲー。売れたのにプレミアがつく矛盾のソフトであり現在もなおタイムアタックや記録更新が熱い作品。

  • 普通にやってればバグはないがエアライドマシンの編隊が接近するイベントは別。フリーズまである。
  • CPUのAIが結構おバカでビルの上のマシンに向かって延々とホバリングを繰り返したりするカービィ。かわいい。
  • シリーズ最弱性能のメタ様
  • 同じく微妙な旦那
  • シティトライアルの最後に出てくるとゲームの都合上ほぼ無敵化して倒せないDDDの旦那
  • フライトヘビースター
ファイアーエムブレム聖魔の光石

就職先が2つから選べるようになったFE。GBAの三作品はどれも外れなし

チュートリアル無視

チュートリアルのウインドウはキャンセルできないがキャンセル出来る方法があり、チュートリアルどうりに進まなくできるバグ。もとより仕様。
その方法がBボタン以外のボタンを全て押したままBボタンを押すと行動がキャンセルできるというもの。
最初のチュートリアル章で本来ゼトが自動的に攻撃を仕掛けるマスにこのバグを使ってエイリークを置く。すると本来敵がいる所にエイリークがいる為何も起きないと思いきやそのままエイリークを攻撃して殺してしまう(これで 残るは敵将のみ・・・)。
当然ゲームオーバーだが、突然反逆するゼトと敵将のなんだ こしゃくな真似を という台詞が妙にマッチしバグを探す人の心に何かを残したのは間違いない…
ちなみにエイリークも敵ユニットも置かないでいると何も無い所で体力0の戦士と戦闘するいったい何と戦っているんだ。
もうちょっと付け足すと烈火でも封印でも同じようなことができるやっぱり仕様。

通信闘技場バグ

聖魔の光石と烈火の剣でなぜか通信対戦できてしまうバグ。ポケモン金銀のタイムカプセルかな?
封印と烈火ならまだわからないでもないがエレブ大陸とマギ・ヴァル大陸じゃ場所が違うし当然同じ人などいないので対戦相手がバグる。武器や道具もバグる。倒すと散り際の台詞を言うなど挙動がおかしくなる。見てる分には楽しいがやるなら自己責任で

フレイボムバグ(烈火から形を変え続投)

敵フェイズでフレイボム火柱が上がっている時にリセット再開(だっけ?)すると敵を操作できて武器を交換させたりできるフレイボムバグ。
聖魔の光石ではフレイボムはないが、火柱トラップは続投していて火柱が出ている時に同様の動作をするとフレイボムバグの再来が出来る。

ポケットモンスタールビーサファイア

正統進化のポケモン。伝説のポケモンの設定がインフレし始めたのはここから。

  • レアきのみの入手性。ナウいおやじ頼み(ランダム)
  • 釣れないヒンバス
  • 出現率が低すぎるチリーン
  • メタグロスの流星拳
  • 陸波などの思い出がある

ポケットモンスターダイヤモンドパール

なぞのばしょで有名な第四世代。いったいどれだけの子供がダークライ欲しさになぞのばしょに捕らわれたのだろうか。発売から10年かかって海外ユーザーがアルセウスをゲーム内で出したことで話題になった。もはや執念コトブキシティから侵入してアルセウスを出す方法も有名。

なぞのばしょの造りがしっかりしていて

  • 町や建物に入る(コトブキシティ)
  • 進むと花畑にいく(ソノウの花畑)
  • 霊界やあの世に近いポケモンがいる所に出る(れいかいのぬの、もどりのどうくつ)
  • このことからなぞのばしょ=あの世って憶測がある

なぞのばしょ以外は

  • たんけんセットで海上歩き(前回の陸波をたんけん彷彿とさせる)ただしそらをとぶがないと詰むので注意
  • メタモンの道具増殖
  • メタモンの技バグを使ったドーブルの仕様を使ってのタマゴ技遺伝
  • 久々に登場けつばん(特に意味はなし)

書き手はポケモンセンターの2階でレポートを書くとバグるって今考えると都市伝説もいいとこな噂があったので特に用がなければポケモンセンターの2階に行かないようにしていた。

ポケットモンスターブラックホワイト

ストーリーはみんな新ポケの弊害でズバットやメノクラゲ等皆勤賞を逃したポケモンは多い。

ついにポケモン図鑑の説明に殺すのだってダイレクトに書かれてしまった。

  • フリーフォールバグ
  • ペラップさん涙目などがある。

一昔前のゲーム達だけどどれも外れはないので一度プレイすることをおすすめする。




(Visited 468 times, 1 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする