やりたくない作業

 427 total views,  2 views today

絶対やりたくない作業

太陽光パネルのボンドアースの端子のワッシャの取り換え

突貫工事で作業した為、ボンドアースのワッシャがステンレスではなく鉄のワッシャを入れてしまいそこから錆が出てしまったので発生した作業。
ペンドライバーやインパクトもしくはプラスドライバー一本でを使いボンドアースを一回外して鉄のワッシャを取ってステンレスのワッシャに取り換えるだけの簡単な作業。

いいところは簡単な事。ワッシャをとっかえるだけだから。

悪いところは太陽光パネルが多すぎて疲れて飽きること。8人で行って8時スタートの18半終わり。次の日は腕と足が筋肉痛で動けなくなった事。





ペンドライバーは軽くて取り回しがいいけど充電がすぐ切れて充電に戻らないといけない
インパクトは重いが充電に戻らなくてもぎりぎり充電がなくならなかった

スピードスイッチの取り換え

ただのスピードスイッチ取り換えではない。スピードスイッチに限ったことではないが人の事を一切考えていない保安機器の取り換えだ。

安全安全うっさい中で二人でBCの屋根を外してやってそれでも外からはできないからせま~いBCの中に潜ってスピードスイッチの位置を印して取付ボルトM12をとっておも~いスピードスイッチを外して新しい物に付け替えて位置を確認してBCの屋根を戻して終了。

BCの電源は切れているのでBCは動くことはないがもし動いたら………急に動くBC。BC内の既設。リターンベルトのローラーによって僕はミンチよりひでぇやになるだろう。

一番の難所は機器の取り換えでもBC内作業ではなくBCの屋根のボルトM16がなかなか外れなかったこと。

取っ払う機器だけど線を短絡させておかないと不具合が出てしまう機器の短絡結線作業

操業で異常が出るかものことでただ離線してテーピングではなく機器に繋がってたように結線させなきゃいけない作業。

作業そのものは大したことはなく、本来お客さんの手元でいいはずだったことだが場所が悪すぎた。
作業スペースが後ろと右に動けなく、左は風穴が開いてて下手すれば落っこちる。しゃがんだ状態でしか動けなくて相手はちっこいモーターのボックスと頭がばかになった丸ボックス。

何も問題なく終わったがもう絶対やりたくない。

危ないけどしょうがない作業

モーターの振動測定・軸受点検・廃油抜き

安全安z(ry)モーターの振動測定はモーターが回っている時にしかできないのでしょうがないがそれでも回転部に巻き込まれると思うと危ないと感じてる。

モーターが回ってファンからの風や回った衝撃で堆積物が舞ってめのまえがまっくろまっかまっしろになるときもあり危ない。

グリスアップも回転部に近い場所もある。全部ボタンニップルになればいいのに。

廃油もやっぱり回転部に近い時がある。

関係ないがやたら歩き回る必要もある。階段地獄もあるよ。

あと止まってるモーターがやってる時にいきなり回ることもあるので下手に稼働部に手を置いてはいけない。



(Visited 89 times, 1 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする